土で描く

土で描く 命の堆積である土で描く 驚くほど土は優しい
時々 声を聞かせてくれる

soil Art・・・ when I listen to the voice of the nature and this Japanese paper, soil, glue,stroke and me become one, I’ve been enveloped by  mysterious kindness and strength.
I listen to the voice of the soil where history accumulates and raises life.
Then simple soil turns into a beautiful color.
This is one of a kind.

「産土 Ubusuna] 2019 11

中央 「産土」土、岩絵具、箔、墨、石州和紙 6尺2曲 /2018
右 「大気が生まれる」土、牡蠣殻、胡粉、箔、墨、門出和紙 風炉先屏風 /2017
左 「シャイな遺言」土、墨、牡蠣殻、美濃和紙 100×65.2 /2018

屛風 Folding screen「飛天・地点」2020
土、墨、岩絵具、美濃和紙 5.7尺2曲半双 (H1730)
作品右上

過去と未来を結ぶ〝弦〟を描きたいと思う
シンプルで途方もない時間の繰り返しの一瞬を描きたいと思っていた
“土で描く”という行動を起こした時 土を採取する旅先で 多くの出会いに恵まれた
出会いから生まれる土は 粉に仕上げると優しい色に変化し 和紙にのせると手強い粒に変わる
そして 土と和紙と筆が一体となった時
土は“描かせていただく”という不思議な感覚を私に教えてくれた
I imaged soil as a sediment of every life and time. For me, arts using soil is a string that connect the past and the future. I want to draw a moment of repetition of simple and tremendous time.

◀️ホーム

CopyrightⒸ2019 Mihoko Inazawa All Right Reserved.