古来、日本には顔や口元をかくす風習があり 扇はそのために使用した
和歌を書いて送る、花を載せて飾るなどの 儀礼用としても用いられた
そこには悪い病や魔などを 追い払うという意味があった
また風を起こす 身をかくすなどの意味もあり
戦国時代には勝ち戦の時  武将が扇を広げ勝利を祝ったのだ

仕立て 伊場仙 竹/滋賀県 加工/奈良県 仕立て/京都市

OUGI (Japanese fan) is a tool to make wind but it also used in many ways in Japanese culture.
In Japanese custom, showing face or teeth was considered as an impolite manner while talking or laughing.
OUGI was used to hide one’s face and or mouth.
OUGI was used as an elegant way to send a poem or letter to friend as well.
Also people believed in OUGI as a talisman to exorcise evil sprits and used in a ceremony.
In the age of civil wars, Shogun carried fans as a sign of good luck in that sense.
They would open OUGI to celebrate after winning a battle.

Completely hand painted on both faces

舞扇 9.5尺10間 美濃和紙  2020
江戸扇子 8.5尺16間 美濃和紙 2020
江戸扇子 8.5尺16間 美濃和紙 2019

人をつなぐ。心をつなぐ。出会いから生まれた紙を使う。楮を知る。職人の思いを知る。一つ一つを大切にしていきたいと思う

舞扇 9.5寸10間 画仙紙 2016

CopyrightⒸ2019 Mihoko Inazawa All Right Reserved.

◀️ホーム